八条中・陵陽中に通う(予定の)公立高校合格を目指す生徒児童専門の地域密着型学習塾です。個別指導で5教科を満遍なく親身に指導し、とことん結果を出していきます。
5教科個別指導 WINDS美園教室
TEL:011-827-7154
16:00~21:30(月~金)

「凡」ミス、「ケアレス」ミスでは変わらない!~スピードも大切にね~

こんにちは。5教科個別指導WINDS美園教室塾長です。

塾生が問題を解き終わって、丸ツケをし確認すると、

例えば、計算問題が20問あると、1問間違えている。

例えば、理科や社会の1問1答で漢字を間違えたり、似たような違う言葉を書いて1問間違えている。

例えば、英語の英作文でその上の文ではきちんと動詞を含めて文を書けているのに、1文だけbe動詞が抜けている。

例えば、小数第2位まで求めなさいという問題で第1位までにしてしまっていたり。

のような間違いがあります。

その理由を聞くと、全員、

”あ~「凡」ミスですぅ~(。-∀-)”


とか

”これは「ケアレス」ミスですぅ~(゜o゜)”


って言います。

そこで私は、

”ほぼ出来ててよく頑張ったね!”

と思いつつも

”オイオイオイオイ”

と。

じゃあ、

試験で20問計算が出たら、1問間違って失点していいの??

分かってる問題なのに、失点していいの??


と。

ネチネチゾーンに入ります。(笑)



こと高校入試では、偏差値30の高校から70の高校まで、

どこを志望しようが全員が同じ問題を解くことになります。

難易度は学校のテストよりも高いでしょう。

解けない問題も必ずあるでしょう。

その中で、解けるはずの問題で失点してしまうのはあまりにもったいないし、

おそらく同じように”「凡」ミスですわ~”とはならないでしょう。

だからこそ、普段から「解ける問題で失点する行為」を根絶することがとても重要です!



全てのミスには原因があります。

例えば、慣れで計算過程をはしょって暗算した結果、数字はあっているのに「-」があったことを失念してしまっていたり。

例えば、問題をよく読むという意識がなかったり。

例えば、見直しをする習慣がなかったり。

人によって、もしくはその時のコンディションや科目によって原因はさまざまです。

そりゃ人間ですから誰にもミスはあります。

普段の日常生活でまでミスを無くせ!

というつもりはありません、何なら私は日常ではミスだらけです。

しかし!!

試験では最大限そのミスを減らして、より高得点を取りにいこうよ!

と。

何よりそういった失点を無くす意識と決意を抱いて普段から塾で勉強しようよ!

と。

ですので、

指導中は、塾生が「凡」や「ケアレス」という言葉を発するたびに、

その原因を一緒に突き止め、

原因を改善できるよう指導し、口酸っぱく言うことで、塾生自身にしつこく意識させています。

「なんでたった1問の間違いでこんなクソミソに言われなきゃいけないねん”(-“”-)”!」



って思う塾生もいるでしょうが、それでも言い続けています。(笑)

また、丸付けをする前の「ザっと見直し」も徹底させています!

こういった失点は、学力の問題というより、「意識やいわゆる悪い癖」の問題です。

学校で勉強していても、

自宅で勉強していても、

映像授業で勉強していても、

間違った問題の解法しか指導されない塾に通っていても、

この意識や悪い癖は一筋縄では直りません!


誰かが口酸っぱく継続して言い続けてくれるからこそ、

分かっているけど間違う行為を無くしていくことができます。

少し脱線しますが、

恥ずかしながら私は、幼稚園の頃は「バッテン箸」でした(/o\)

普段は優しい祖父が、小学校に上がるまでにこの悪い癖を根絶してくれようとして、

ウキウキワクワクで祖父母の家に行った私に、

ひたすら正しい箸の持ち方を指導してくれました。

食事以外でもわざわざ大豆を買ってきて、

ひたすら正しい持ち方で大豆を皿から皿へ移す作業を、

私が泣きわめこうができるようになるまで徹底して指導してくれました。(笑)

おかげさまで、箸の持ち方に関しては、

恥ずかしくない人間になることができました(‘◇’)ゞ(笑)

これはおおげさな例ですが、長年持ち続けてきた意識や癖を根絶するには、

やはり誰かの声掛けが必要で、

そのたびに自ら根絶しようとする意識を芽生えさせることが大切です!

塾生には「分かってるのに間違う問題」をなくせる意識を持ってもらうために、

入塾前の体験からガツガツ指導しています。

本番ではないから、塾ではバンバンそういった失点をしてもかまいません!

そのたびに私がそうならない意識を持たせますから。

そうやって徐々になくしていきましょう!

と言いつつ、8月の道コンまでに根絶しちゃいましょうね( *´艸`)???

君らならきっとできる!

徐々にそういった失点は減ってきている、、、、、、気がするから(。-∀-)!!!

また、対照的に、分かっているけど間違う問題が少ないけれども、その分解くスピードが遅い塾生もいます。

分かっているけど間違う行為を無くす意識があるのはすばらしいです!


しかし!!

試験には制限時間があり、1問に使える時間も限りがあります。

問題文読んで、3秒で答えるべき問題もあれば、答えるまでに5分かかるような問題もあります。

「分かっているけど時間が足りなかった」も本番では言い訳にはなりません。

分かる問題はミスなく解く「正確さ」と、

見直しも含めて全問題を解き終える「スピード」

この両方が点数アップには不可欠です!

どの塾生にも「スピード」と「正確さ」、この2つを意識して解く習慣づけを徹底して今は行っています。

この力を手に入れたとき、君らの変化が楽しみです(^O^)/


それではこのへんで(/・ω・)/

~八条中・陵陽中に通っている(予定の)生徒児童の保護者様へ~
WINDSの詳しい説明はHP(こちら)からご確認ください。

お問い合わせ・体験授業の申し込みはHP(こちら)もしくは、TEL(011-827-7154)からお願いします。

お気軽にお問い合わせ・申し込みください。お待ちしております!

◆5教科個別指導WINDS美園教室◆
TEL:011-827-7154
ADD:北海道札幌市豊平区美園10条4丁目3−25 美園ビルB 1F